• トップ /
  • 不況時代で挙げる結婚式

LINEで送る

二次会での新郎新婦の役目

新郎新婦

社会人になって仕事も落ち着いてくると多くの人が結婚を意識するようになります。長い交際期間を経てゴールする人もいればおめでたで順序が逆になってしまう人もいるでしょう。しかし、いずれにしても男性が考えているよりも女性は結婚式に憧れていて、婚姻関係に至る経緯は関係なく式を挙げたいという気持ちがある人は決して少なくはありません。式を挙げる際には通常親からの支援があったりブライダルローンを利用して資金を工面します。また、昨今では比較的安価で式を挙げられるプランも提案されることもあり、若い人の式であれば二次会が企画されることもあるでしょう。結婚式ですので主役の二人が主催しますが、この時二次会の会費まで工面する必要はありません。こうしたシチュエーションの二次会では出会いの場としても活用されますので、参加者からはしっかりと会費を徴収しても問題ありません。会費の内訳としては会場の使用料や飲食代の他、ビンゴ大会などを企画して景品代にあてると良いでしょう。出会いの場の男女比率の調整は義務ではありませんが場を盛り上げるのは結婚する二人の役目です。二次会だからといって気を抜かず、式の延長戦だと思ってしっかりと企画しましょう。

 

↑PAGE TOP